スポンサーリンク

6月28日 パフェの日 の由来は「パーフェクト」 日本プロ野球史上初めて完全試合を達成した日

黒胡麻パフェ

6月28日は、パフェの日だそうです。
なぜ、6月28日がパフェ?
このたぐいの日は、ゴロ合わせが多いと思っていたのですが。
どうも、そうではなかったようです。

スポンサーリンク

パフェの日の由来

「パフェ」は、フランスの料理人が、「完全なデザート」をめざしてつくったもの。
フランス語では、「完全な」という意味の「parfait」(フランス語の発音では「パルフェ」)が、英語読みの「パフェ」になったとか。ここまでの話だけでも、おぉーっという感じですよね。

それが、日本のスイーツ業界で「パフェの日」を決める際、「完全」に関係のある日にしようということになり、巨人軍の藤本英雄投手が1950年に日本で初めて完全試合を達成した6月28日ということで、6月28日がパフェの日になったとか。そこまで、こだわらなくてもね。誰もわからない。。。

夏のパフェコレクション

そんなパフェの日ですが、夢のような企画があったんですね。
大丸東京店「パフェの日」に約25種のパフェが集結 – 3種の日本茶を使った“お茶づくし”パフェなど

大丸東京店「パフェの日」に約25種のパフェが集結 – 3種の日本茶を使った”お茶づくし”パフェなど

うわー。なんだろ、この別天地は。。。
今日の都今日は、梅雨でクソ暑いんです。もう、いくつも食べられちゃう。
時間とお金が許せば、全制覇してみたいっすw
無理だけれど。
すごいな。

6月17日にいただいたモカソフト

本日6月28日 パフェの日に先駆けて、わたしは6月17日にマッターホーンで夏季限定メニューのモカソフトをいただいて来ました。

#マッターホーン #夏期限定メニュー #モカソフト 中の #コーヒーゼリー が絶品でした。

Felisさん(@felis1801)がシェアした投稿 –

モカソフトをパフェと呼べるのか。という問題はあるかも知れません。
が、似てますよね。
ほんと おいしかったです。
モカソフト初体験でした。

6月17日の11時過ぎだったと思いますが、マッターホーンのカフェは大盛況で。みなさん、モカソフトを食べていました。
まずはスマホで撮影してw、溶けないうちにいただくモカソフト。

お隣に一人でいらっしゃったご婦人が、迷わず「モカソフト」を注文して、出てきたモカソフトのコーンから食べ始めたのを見て、「常連さんは、こうなのかもね」なんて。素敵でした。

茶房 叶 匠壽庵の黒胡麻パフェ

こちらは、一度食べたらやみつきになる茶房茶房 叶 匠壽庵の黒胡麻パフェ。
濃厚な黒胡麻アイスがたまりません。

茶房 叶 匠壽庵は、黒胡麻パフェと抹茶パフェがありますが、わたしは迷わず黒胡麻パフェです。
黒ごまを練り込んだ寒天、白玉。
もう、ひとつひとつが最高においしいんです。

和風のパフェですが、まったく違和感はありません。
それどころか、これが日本のパフェだ。
と言ってもいいのでは?

2018年に食べたいパフェは

6月17日にマッタホーンのモカソフトをいただいて思いました。
これはおいしいけれど、今年は「あれ」が食べたいなと。

それは。
シンプルイズベスト。
パフェの王道。
老舗資生堂パーラーのチョコレートパフェ。
1000円(税別)

夏は、もうそこまで来ています。
食べる日は、遠くないかもw

スポンサーリンク

関連コンテンツ