斉藤和義 セトリを晒す人大っ嫌いと怒る ※ネタバレあり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スポンサードリンク

昨夜4月29日 NHKホールで行われた
KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2018 “Toys Blood Music”
に行ってきました。

期待以上のステージ。
と言っては失礼ですが、すばらしかったです。

ステージのセットもシンプルなんだけれど、
めちゃくちゃこだわって創ったんだろうなぁと。
照明もキレイで。
今回の
KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2018 “Toys Blood Music”
ならではの色が使われていたような。

さて。
いろいろ書きたいことあるんですが。
斉藤和義さんがステージから言ったんですよ。

反応に困ると。
ライブ前にセトリ見るのも自由だけど、何も見ず知らずでライブに来た方がそりゃ楽しいに決まってる。

そっかぁ。
アーティストとしては、次はこの曲だぜ。驚いただろ。
的なことを考えているのに、知ってる人の反応は…。
そんなこと感じてるようです。

そして。
セトリを晒してるって事は、映画の内容を話してるのと同じだと。
観てない人にストーリーを話してるのと同じ。
そういうひと、「大っ嫌い
」と。

さようでございますね。
事前に知ってしまったら、楽しさが半減する。
その意味、よーくわかります。
おっしゃる通りです。

でもね。
弱い人間は、ツアーをやっている時には、
どんな曲歌ったかなぁ。どんなセトリだろー。
と、気になるのですよね。

スポンサードリンク

そして、知りたくなってしまう。
知りたい。
知りたいけれど、知りたくない。
このストレス。

ストレスを解消するために、
ま、いっかとセトリを見るに至ることがある。
それは、わかって欲しいです。

それは、愛情表現というか。
好き。
興味がある。
だから、もっともっと知りたい。
そういう心理というか。
わかって欲しいな、せっちゃんには。

ほんの些細ななこと。
たとえば、弦が切れたとか。
指が吊ったとか。
めずらしくハンドマイクの曲があったとか。
トークで、こんなことは話したとか。
どんなことでも知りたいんですよ。

それと、事前にセトリを知る意味。
それは、コンサートの前に その曲を聴いて復習。
復習することによって、コンサートが楽しくなる。
そういうこともありますよね。

事前にセトリを知ったところで、
コンサートが始まったら ひたすら楽しんで。
えーと。
次の曲は?とか考える人は少ないのでは?

この曲の時は、こんなことあるんだよね。
という情報があったとしても、
どの場面で
どういうアクションなのか
そこまでは知りませんから。
めちゃくちゃ楽しめました。
まさか、あんな風になるなんてね。

あとは。
できることなら、ライブは生き物。
アーティストとオーディエンスが作るもの。

その時の雰囲気で、いろいろあってもいいのでは?
そうも思ったり。
すみません、素人がエラそうなこと語ってしまった。。。

このブログを斉藤和義さんに読んでいただけるかはわかりませんが、
昨日のコンサートに参加しての感想を書いてみました。

次は、7月。
また、斉藤和義さんにお会いする日を楽しみにしています。

かしこ

KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2018 “Toys Blood Music”
ツアーブログ

http://tour.kazuyoshi-saito.com/2018/tokyo/357.html

セトリを知りたい方は、下記をどうぞ!

http://www.livefans.jp/events/863957

スポンサードリンク


関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加