Amazonプライム 2日以内に配送の解釈の違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

先週のことです。海外の記事ですが、アマゾンの配送が遅くなっている? Amazonプライムに対する誤解もという記事を見つけました。

https://www.businessinsider.jp/post-167393

アメリカでのお話ですけれど、他人事ではありません。わたし自身も、配送が遅くなっているのではないかと感じていました。

2日以内に配送の解釈の違い

Amazonプライムの加入者は、Amazonが商品を無料かつ2日以内に配送するという約束を守れていないと主張しているというのです。2日以内に配送をどう解釈するか。ここが、大きな問題です。
「2日以内に配送」であれば、2日以内に商品が届くと思うのは普通かと思うのですが。。。

「Amazonプライムの2日以内の配送は、商品が処理され、発送された時からお手元に届くまでの時間を指します。一部の商品は処理に時間がかかります」とプライムの規約には記載されている。

というのです。

Amazonから発送された時から手元に届くまでの時間が2日以内だった

これには、驚きました。Amazonから発送された時から手元に届くまでの時間が2日以内。ということは、Amazonから商品が発送されるまでの時間は含まれないということです。

これは、どうかと思いますよね?きっついです。出荷までに時間がかかるのであれば、Amazonには頼まなかったかも知れない。。。いや、Amazonプライム会員であれば、注文はするのかも知れませんが。

Amazonプライム会員の条件は、とっても魅力的。どんどん会員数も伸びている。ということであれば、発送する商品も増えている。それに対して、Amazonからの発送が遅延しているのであれば、キャパオーバーなのか?これは、十分に考えられるのではないかと思います。

配送に関する問題は山積

問題は、それだけではありません。
配送に関する問題も山積しているのです。

https://toyokeizai.net/articles/-/217681

Amazonはとっても便利で、Amazonなしの生活は考えられないという方は多いでしょう。
これから先、Amazonがどのように対応していくのか。
注意して見守っていこうと思います。

スポンサードリンク


関連コンテンツ