江川ほーじんチャリティライブ 第二部 アンコールが鳴り止まず歌われたのは『号泣版:ランナー』

昨日2月26日 目黒ライブステーションにて『江川ほーじんチャリティミニライブ』が行なわれました。『江川ほーじんチャリティミニライブ』は、2018年12月上旬に江川ほーじんさんが交通事故に遭い、現在も意識は戻っていない状況で、病床にある江川ほーじんさんを救済するために、ゆかりのあるミュージシャンで行なわれました。

福田裕彦さんが参加されて、Twitterに その様子を投稿されています。今日は、Twitterの投稿が埋もれてしまう前に(福田裕彦さんは投稿が多いので)、記録しておきたいという思いから、投稿を時系列で掲載します。

江川ほーじん募金 ファンキー末吉BLOG

スポンサーリンク

出演

出演:
Ds.ファンキー末吉
Ba.バーベQ和佐田
Gt.パッパラー河合
Vo.サンプラザ中野くん

福田裕彦のツイート

さいごに

アンコールの部分。

トークのあとアンコールが鳴り止まず楽屋で急遽打ち合わせ。「どうする」「やらないという選択もある」「いや、やろうよ。」「じゃ、『噂になりたい』?」「そうね、一部でしかやってないし」すると、ほんとに珍しく河合くんが真顔で「いや、ランナー。」

ここが、とっても大事なところ。ではないかなと感じました。いや、ここから?いやいやいや。ここ以外も重要ですが。

「どうする」と考えて、「やらないという選択もある」という返答。シリアスというか、ありというか。最近のコンサートは、アンコールが鳴り止まずという状況を作らせてくれません。予定調和。予定通りの曲目が演奏され、ステージからアーティストが降りる。すると、会場に照明がつき、ミュージックが流れ始めることが多いですよね。ほとんどというか、全部?

そこで、アンコールに応えてくれたのは、ものすごくうれしかったことでしょう。そして、曲目。『噂になりたい』ではなく『ランナー』。この決断。そして、中野くんのトーク。いい話だなぁ。

お客さんの歌うサビを急遽追加した「号泣版:ランナー」が演奏されました(^-^)/俺も数え切れないくらいこの曲を演奏しましたが、いちばんずっしり、心に響いた「ランナー」でした。みなさん、一緒に叫んでくれてありがとう。きっと、ほーじんに届いたと思います。

うん。届いたよね。きっと。

スポンサーリンク

関連コンテンツ