誰も皆 勝つことだけを信じて賭けを続ける

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

週末にTwitterを見ていたら
おもしろいというか
とんでもないというか
どうでもいいやというか
そんな投稿を見つけました。

ぷっちんからの挑戦状

まさか
という発想。

ツマミを折るとプリンが落ちるわけです。
通常は、ツマミは1つのみ。

ところが。
こちらの商品は、ツマミが4つ。

当てられるものなら当ててみな
というプッチンプリンからの挑戦状…。

プッチンできるのは1つだけ。
あとの3つはハズレ。
プッチンできません。

プッチンできないと、どうなるか。
というと、そのままお召し上がりください。
ということでしょうか。

だけど、待てよ。
ツマミを追ってしまったら穴が開く。
穴が開いていれば、底からカラメルが落ちてこないかい?

お、落ちてきますよね?
当たるまでツマミを折るしかないってことかな。

なんていうか。
4つ目まで行ったら、やられたーというよりも、
苦笑いしかないかも知れません。

ぷっちんからの挑戦状を置き換えてみる

まぁ、なんですか。
前置きが長くなりましたが。
屈辱を味わいながらも食べることができるプッチンプリン。

それを、あることに置き換えてみました。
あなたが、コンサートで聞きたいのはどれですか?

1.Sweet&Sour(スウィート&サワー) Medley
2.Sweet&Soul(スウィート&ソウル)Medley
3.Body&Soul(ボディ&ソウル) Medley

一度 一度きり
誰だってチャンスは一度

GIVE ME ONE MORE CHANCE
とお願いしても、無理なものは無理。

ポチっとな
と押したら終りなんです。

ON THE ROAD’86 “I’m a J.Boy”ツアーの
アンコールで歌われたもの。
それが、聴いてみたい。

聴きたい。
聴きたくってたまらない。

だけど、一期一会。
もう二度と生で聴くことはできないんですよね?

聴いてみたいなぁ。
客入れの時のBGMで出来ませんか?

形は、こだわりません。
聴きたいんです。
無理だよね。。。

この時の
ON THE ROAD’86 “I’m a J.Boy”ツアーについて
板倉さんがセットリストともに思い出を語っています。
興味がある方は、ぜひ!

http://mi-mychronicle.blogspot.jp/2016/09/30-im-jboy.html

三時間の本編のあとの
アンコールで約三十分のノンストップメドレー。
きっついよなー。

スポンサードリンク


関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加