幸福な朝食 フレンチトースト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スポンサードリンク

フレンチトースト

今日は、ゴールデンウィーク最終日。
いかがお過ごしですか。

わたしは、このゴールデンウィークにしたいことがありました。
それは、猿田彦珈琲でのブランチです。

猿田彦珈琲が もうすぐオープンする。 それを知った時は、とくに感じることもなくて。 そーなんだ程度だったのですが...

フレンチトーストにコーヒー。
これを食べたいと思い、とっても楽しみにしていました。

しかーし。
オープンする猿田彦珈琲には、フレンチトーストがないことが判明。
憧れのブランチは、できないことに…。

そこで。
そこでというか、だから、フレンチトーストが食べたくなって、
久しぶりに作ってみようと思いました。

朝、ちょっと早く起きて準備するわけですが、
それも苦にならないほど楽しい作業です。

今日のレシピは、ケンタロウの簡単料理これ、うまいね! (オレンジページブックス)

から 少しアレンジしたものです。

1998年8月に発行された本で、もう売ってないみたいですね。
みなさんも、幸福な朝食を味わってみてください。

スポンサードリンク

フレンチトースト

◇フレンチトースト
材料(2人分)

食パン 2枚
卵 1個
牛乳 1/2カップ
砂糖 小さじ3/4
バター 大さじ1
メープルシロップ 適宜

1.バットなどに卵を割りいれ、牛乳、砂糖を加えて、
 卵を溶きほぐしながらよくまぜる

2.卵液に食パンを入れ、裏返して両面を浸す

3.フライパンにバター大さじ1/2を溶かし、
 パンを入れて弱めの中火で焼く。
 様子を見ながら焼き、いい焼き色がついたら裏返して
 裏側もこんがり焼く。残りの1枚も同様にして焼き、
 皿に盛ってメープルシロップを好みの量かける

- こだわり -
卵液に食パンを浸す時間ですが、長い時間浸した方が好きです。
料理家の中には、夜浸して冷蔵庫で一晩なんて方もいますが、
そこまではしなくともいいのではないかと・・・。

長い時間浸すことによって、食パンがプリン状になるんですね。
(わたしは、フランスパンが好み)

朝起きてから速攻準備して、
洗濯したり
新聞をちょっと読んでから焼いて食べるくらいがいいかも。

この記事は、2012年3月10日のものをリライトしているんですが、

先週だったかな。
行正り香さんがブログで書かれていました。
とってもおいしそうな写真で、食べたいなと思っていたし。
行正さんは、卵液に砂糖を入れず ヨーグルトのようです。

というミニ情報も。

ケンタロウの簡単料理これ、うまいね! (オレンジページブックス)
1998年8月に発行されたものですが、わたしのバイブル。
我が家にあるのは、ボロボロです。
ケンタロウの簡単料理これ、うまいね! (オレンジページブックス)

もっと丁寧に使えばよかったなぁとか、
デジタル化して永久保存しようとか
そんなことも考えたりします。

このケンタロウの簡単料理これ、うまいね! (オレンジページブックス)
以外にも、ケンタロウの料理本は数冊。
うちの場合、基本ケンタロウレシピが多いです。

レシピとは関係がありませんが、
ケンタロウの簡単料理これ、うまいね! (オレンジページブックス)の広告
栗原はるみさん

誰かわかりますか。
栗原はるみさんです。
若いな。
もうすぐ20年ですからね。

20年経っても、おいしいものはおいしい。
このレシピは永久保存版です。

スポンサードリンク


関連コンテンツ