米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃 参加者全員が本人確認の対象に

脊椎がオパールになる頃

昨日、今週末の1月26日(土)・1月27日(日)に行なわれる米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃 横浜アリーナ公演の購入者全員(申込者・同伴者)へのメールが届きました。内容は、チケット転売対策、不正入場防止として入場時にデジタルチケットに記載のお名前と身分証明書で本人様確認を行うというものです。参加者全員が対象となります。

スポンサーリンク

1点で確認できる公的身分証明書

・パスポート
・運転免許証
・顔写真付き住民基本台帳カード
・特別永住者証明書または在留カード
・障害者手帳
・顔写真入クレジットカード
・顔写真付きマイナンバーカード(通知カードは不可)
・顔写真付き学生証

2点以上で確認できる公的身分証明書

・健康保険証
・住民基本台帳カード
・住民票
・戸籍謄本・戸籍抄本
・年金手帳
・クレジットカード
・学生証
※上記の中のいずれか2点

学生の方は、ちょっと面倒ですね。健康保険証と学生証の組み合わせが楽かも知れません。

本人確認について

過去に何度か経験しました。最初はコブクロだったと思います。この時は、紙チケットでした。入場前から本人確認を行なっていたので、余裕を持って会場に行き、本人確認を済ませました。本人確認が出来た方は、スタンプを押してもらったと記憶しています。

そして、THE YELLOW MONKEY。この時も紙チケット、入場前から本人確認を行なっていたのですが、それまでが大変でした。その時の模様を書いた記事です。

顔写真付きの身分証明書

そして。。。今回。初めてのデジタルチケットによる入場。そして、入場する際に行なわれる本人確認。不安ですが、先週行なわれたアスティ徳島での公演では問題もなく、そのことに関して触れている投稿も目にすることはありませんでした。大丈夫だろうと思います。

ただ、気になるのは、スマホのこと。忘れず充電して行くのは当然ですが、本体自体にトラブルがなければいいなと。。。あとは、通信障害とか。わたしは、先日問題が発生したキャリアではありませんが。。。だからと言って、絶対大丈夫ということでもないでしょうから。

さいごに

本当に楽しみで仕方ありません。あの、映像で見ていた会場に自分がいることを想像して。あの曲は、こんな感じ。この曲は、こんな感じ。ステージでは、米津玄師さんが。。。日本武道館公演の映像を、とてもありがたく感じました。

米津玄師 2018 LIVE / Fogbound Teaser

座席は、当日のお楽しみです。スタンドで、後から数えた方が早いような、肉眼ではまったく見えない席かも知れません。そんな時のために、双眼鏡は持って行きます。座席によっては座ったまま。なんてことはないと思うので、立ちっぱなしで双眼鏡でずーーーっと見ているとか。それはないですけどね。楽しめないので。やっぱり、楽しまないと。

こんなこと書いている時が1番楽しくて、終わってしまったら燃え尽き症候群になってしまうんだろうなぁ。それでも、楽しみで仕方ないです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ