スポンサーリンク

米津玄師『Orion』 あの星座のように

昨夜、ふとしたことから星座を調べることになりました。
まずは、星占いで知っている12星座。

スポンサーリンク

12星座

おひつじ座
おうし座
ふたご座
かに座
しし座
おとめ座
てんびん座
さそり座
いて座
やぎ座
みずがめ座
うお座

12星座(ラテン語)

日本語で書くとこんな感じなんですが、
ラテン語名などの呼び方を知ると、まったく違う印象になるんですね。

Aries
Taurus
Gemini
Cancer
Leo
Virgo
Libra
Scorpius(別名 Scorpio)
Sagittarius
Capricornus(別名 Capricorn)
Aquarius
Pisces

いかにも神秘的な感じがしますよね。不思議です。
このような12星座を含めて、88星座をお勉強。
星座を勉強するなんて、いつ以来かなという。

Orionの由来

オリオン座はラテン語でOrionとなりますが、よく目にすることがある星座のひとつ。
この「Orion」の由来を調べてみました。

ギリシャ神話で、美男子で巨人の猟師。女神アルテミスの怒りにふれて殺されたとも、さそりに刺されて死んだともいわれる。死後、天に昇って星座となった
Orion(おりおん)とは – コトバンク

こんなお話だったとは。。。

「Orion」がつく企業

今まで、「Orion」とつく商品など深く考えたことがありませんでしたが、どういう思いでつけられたのだろうと ちょっと気になりました。
たとえば、オリオンビール。

オリオンビールの公式サイトを見ると、

オリオン」とはもちろん星座のオリオン座から命名された ものです。

講評によると、オリオン座は南の星であり沖縄のイメージにマッチしていること、また星は人々の夢やあこがれを象徴すること、さらに当時沖縄を統治していた米軍の最高司令官の象徴が”スリースター”であったことなどが選定の理由となりました。

ということなんですね。
南の星ということに重きを置き、ギリシャ神話は別のものと考えているようでした。

あとは、今はなきプロ野球のロッテオリオンズ。

以前のニックネーム「オリオンズ」は星座のオリオン座が由来。球団創立以来1991年まで使われた。チームの愛称は一般公募され「オリオンズ」は得票数5位だったが、星が当時の親会社・毎日新聞社の社章でもあることから付けられた。
千葉ロッテマリーンズ – Wikipedia

こちらも同じようです。星座のオリオン座が由来。ギリシャ神話は別のものでした。
ほかにも「オリオン」とつくものはありますが、由来は星座ということなんでしょうね。

米津玄師さんの曲「Orion」

そんな中、米津玄師さんの曲「Orion」。
歌詞を読むと、ギリシャ神話をモチーフにしたような内容です。

米津玄師 orion 歌詞

ロマンチック。ですよね。
なぜ、ここまでロマンチックな表現ができるのか。
言葉が使えるのか。
これはもう、才能を超越しているもので。
何かが降りきているのではないかと思うほどです。

米津玄師さんが、『orion』が生まれるまでを下記のサイトで語っていました。

冬空に瞬くオリオン座、米津玄師『orion』が生まれるまで | ミーティア(MEETIA)
米津玄師の新作『orion』が2月15日に発売される。今回のインタビューでは、楽曲制作秘話から、羽海野チカ作品の印象、いつも自ら手がけるジャケットアートワークの話など幅広く聞いてみた。2017年は、音楽だけには止まらない米津玄師の魅力が大きく花開く予感に胸が高なる————。

そうか。ギリシャ神話をモチーフというのはわたしの思い込みで、夜空のオリオン座からということなんですね。
オリオン座は、冬に瞬く星座。今年の冬は、誰かと。。。

スポンサーリンク

関連コンテンツ