ニトリ文化ホール 9月で閉館

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ニトリ文化ホール。
北海道での公演で聞くことが多い名前なのですが、
KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2018 “Toys Blood Music”
にギターとして参加している真壁陽平さんのツイートで
9月で閉館 取り壊しされることを知りました。

ニトリ文化ホール

2009年(平成21年)に札幌市の所有施設となったことを機に名称を「さっぽろ芸術文化の館」と改称し、2010年(平成22年)に札幌市の所管移設としては初となるネーミングライツ(命名権)を導入し、ニトリと協定を締結して愛称が「ニトリ文化ホール」となった。北海道最大の客席数(2,300席)のホール]、宿泊施設、会議室などがある
さっぽろ芸術文化の館 – Wikipedia

1971年(昭和46年)に「北海道厚生年金会館」として現在地に開館ということで、築50年弱。
役割を終えたということなのでしょう。

今後

閉館後のホール機能は札幌市の市街地再開発事業「札幌創世1.1.1区北1西1地区」にて建設中の再開発ビル「さっぽろ創世スクエア」の複合施設「札幌市民交流プラザ」内の「札幌文化芸術劇場」に継承する。また、跡地については「仮称・札幌博物館」建設候補地の1つになっている。
さっぽろ芸術文化の館 – Wikipedia

ニトリ文化ホール閉館への声

歴史のあるホール。
ましてや、自分が何度も足を運んだことのあるホールが閉館する。
それを知ったら、誰でもさみしいですよね。

一人一人、いろんな思い出がある。
その思い出は、なくなることはない。
自分の胸の奥に、永遠に残る。
そう思うし、そうであって欲しいと思います。

スポンサードリンク


関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加