スポンサーリンク

浜田省吾 Midnight Blue Train

田島さんのtwitterに投稿された画像を見て、
「この空は、ON THE ROAD」のジャケットのものかな
と一瞬思ったのですが、雰囲気は似てるものの 異なっているようですね。

スポンサーリンク

この「空」の画像を見ただけで、浜田省吾を連想してしまう。
これは、病気なのか。
わたしの脳内で登録されているイメージになっているのか。
そのように思ってしまいました。

これから、田島照久さんは
絵のような空シリーズを始めるようですね。

日本だけではなく、世界各国の空になるのかな。
晴れている空もあれば、曇っている空も。
幻想的な雰囲気の空だってあるかも知れません。
更新が楽しみです。

空とこの道 出会う場所

どんなに遠くてもたどり着いてみせる
石のような孤独を道連れに 空とこの道 出会う場所へ
家路 / 浜田省吾

浜田省吾さんの曲の中で歌詞に「空」が使われている曲は多いですが、
イメージとしては「家路」ですよね。

空とこの道 出会う場所 = ROAD & SKY
みたいなイメージです。

そして、このイメージの画像はライブアルバム「ON THE ROAD」のジャケット。
もう、これ以外には考えられないのです。

Midnight Blue Train

ライブアルバム「ON THE ROAD」。
1982年2月25日に発売されたものですが、30年以上経った現在でも色褪せることはありません。
聴くたびに、新たな感動があります。


ON THE ROAD
1982年2月25日発売

01.壁にむかって
02.明日なき世代
03.土曜の夜と日曜の朝
04.陽のあたる場所
05.路地裏の少年
06.終りなき疾走
07.独立記念日
08.反抗期
09.東京
10.愛の世代の前に
11.Midnight Blue Train
12.ON THE ROAD

中でも、人気があるのは「Midnight Blue Train」でしょうか。
わたしも大好きな曲です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ