デスクに山積み 書類とメッセージ・カード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


今年の1月のこと。
新年早々、調子の悪かったチェアが壊れてしまった。
そんなのは、わたしだけかも知れません。

使い始めてから幾年月。
最近は、調子悪いなと思っていたんです。
座っていると、急に椅子が下がってしまう。。。

そんな時は、あわてず あせらず。
なーんにもなかった振りをして、元の高さに戻す。
これでOKでした。

ところが。
今年は違っていました。
元の高さに戻す
→ 一度は元の高さに戻る
→ 椅子の高さは下がっていく

そう。
何度トライしても元の高さに戻らず。
寿命を迎えられたようでした。

今まで、ありがとうございました。
チーン。
心の中でお礼の言葉を。

さて。
どうしようか。
机の高さに対して、椅子の高さが合ってない。
もしかしたら、肩から上だけがデスクの上に見える
というような、奇妙な状態。。。

いくらなんでも恥ずかしい。
それに、パソコンが使いにくい。
どうにもなりません。

そこで。
近所の家具屋さんにご挨拶に行くことにしました。
一月初旬の寒い朝にお出かけ。

事情を話すと、
「それは大変ね。これはどうかしら」
と薦めてくれたチェア。

壊れたチェアと似てる。。。
ノープロブレム。
倉田さん。いい人ね、問題なし。

助かった!そう思いました。
問題は、お値段。

あんまり高いのは困るんですよね。
そう言うと、
「安くしとくわ。半額でどう?」

「ありがとうございます。おいくらですか」
と聞いてみた。
まぁ、2万円なら半額で1万円。
許容範囲かなと思っていたんですよね。

すると、
「えーと、上代4万円だから2万円ね」

オーマイガー。
無理。
絶対無理。
そんなに高いチェアいらない。
使い切れない。

アウチ。
ギブアップ寸前です。
そんなに高いんじゃ、自腹じゃとても無理。

諦めました。
そのチェア。そして、当日の作業を。

仕方ないから、
「チェア壊れてしまいました。。。」
と報告して。

新しいチェアの購入をお願いして、外出。
アスクルだったら、明日来るよね?
とか思っていたのですが、当日の夕方には到着してた。

翌朝。
どでかいダンボール箱の中からパーツを取り出して、
組立図を見ながら 間違えないように組立作業。
30分くらいかかったかも知れません。
無事にチェアは完成しました。

いやぁ、よかったな。
苦節、幾年月。
このチェア壊れたらどうしよう。
と悩んでいたことから会報された喜び。

快適でした。
新しいチェア。
問題なし!
のはずだった。。。

そう。
はずだだった(過去形)

実際、チェアは問題なし。
問題は、机のと椅子の高さのバランス。

机の高さは、約78cm。
これは、どう考えても高すぎすので、
チェアの高さも一番上で使ってたわけです。

それがいけなかったのか。
足がむくんだりとか、調子が悪くなってしまった。

一度は治ったと思っていたのですが、
つい先日も調子悪くなってしまい、これはマズイぞと。
お医者様に行ったのです。

うーむ。
この机の高さ。
そして、このチェアの高さ。
これが問題だったんだな。
そう気づきました、いまさらですが。

こういう時は、どうすればいいか。
調べてみると、答えは一つ。
「フットレスト」を使えば解決できるらしいです。。。

確かに。。。
これを使えば、
現在の机の高さ
チェアの高さマックス
でも大丈夫そうです。

でもね。。。
これを、机の下に置いて使用するということは、
そのうち埃まみれになっちゃうんじゃないだろうか。
そんな心配がある。

どうすればいいんだろうか。
とりあえずは、現状維持で様子を見るしかないよね?

机の高さ78cm。
チェアの高さ43cm。
かなーり使いにくい。

足は大丈夫でも、今度は肩がおかしくなるかも。。。。
いやいやいや。

髪束ねてデスクに向かって
キーボードを打つ背中が寂しそうだったら
誰かラブレターくれるのだろうか。

独り言のようなラブレター
待ってみようかな。

スポンサードリンク


関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加