スポンサーリンク

Spotifyを3連休聴きまくって感じたこと

この3連休、みさなさま どのように過ごされましたか。小旅行。イベント参加。自宅でゆっくりと。人それぞれですが。わたしは、自宅で過ごす時間が長かったです。自宅で過ごしている間、ほぼずっとSpotifyの音楽を流していました。

学生の頃、友達から始めて借りた洋楽。テレビの洋楽番組で知って好きになったアーティスト。今まで、ずーっと聴くことのなかった、聴こうとも思わなかった音楽の数々を、思う存分聴きました。

もう、おなかいっぱい。これ以上は無理。というくらいに。この満ち足りた時間。なにものにも代えがたい経験でした。その経験から、Spotifyを3連休聴きまくって感じたことを綴ってみたいと思います。

スポンサーリンク

聴きたいと思った曲は、ほとんどある

クラシック。洋楽。邦楽。聴きたいと思ったアーティストは、ほとんどありました。ただし、アーティストによっては配信されているアルバムが限られており、聴けない作品もあります。無料会員なので贅沢はいえませんが、新作だけではなく旧作、できれば廃盤となっている作品も配信してもらえるとうれしいですね。

シャッフル再生について

わたしはSpotifyの無料会員です。従って、ストリーミングのシャッフル再生しかできません。アルバム単位で洗濯することは可能ですが、1曲目に流れる曲は何曲目のものなのかわかりません。

洋楽や邦楽ならともかく。クラシックでは、曲順が違うのは致命的。また、洋楽や邦楽でもアーティストの意図したものが伝わるかどうかは微妙なところだと感じました。

この話は、あくまでもスマホで再生する時のことです。パソコンやタブレットでの再生は、アルバムの曲順通りの再生が可能です。広告はありますが、全曲フル尺再生できます。

しかし。再生時間に制限があり、月15時間。オーバーすると、再生できなくなるようです。1枚のアルバム約60分ならば、月15枚。1曲5分の曲なら180曲。

自分が聴きたい曲を厳選して、できることならスピーカーシステムで聴く。これが、ベストではないかと思いました。

スピーカーシステムへの接続

当初は、スマホで再生している音楽をBluetooth対応のスピーカーで再生したい。そう考えて探し始めました。実際のところ、ぴんからきりまで。高いものは、もちろん音がいいのでしょうが、そこまでお金はかけたくない。

だからといって、コスパのいいスピーカーで満足できる保証はありません。数日悩んで、引き出しにしまってあったコードの存在を思いだして、ステレオとスマホを接続してみました。

もう、なんていうか。スマホで再生するのとは比べ物にならない音でしたね。当然ながら。スマホで再生する時は、これでいいとして。テレビで再生する時は。Amazon Fire TV Stickで再生。Spotifyのアプリをインストールすれば、簡単に使えます。

テレビでの音声出力設定

テレビで再生できるのはうれしいのですが、音もテレビからしか出したことがありませんでした。出力端子らしきものはあるんですけれど。テレビの出力端子とステレオの入力端子をケーブルで接続しても音がでません…

なぜなのか。テレビの説明書を1ページ目から じーっくりと読みました。すると、入力と出力は切り替えできるようになっていて、切り替えする必要があると。切り替えしてみると、あっさりと再生できました。

一旦は、これで満足したのですが。しだいに、もっといい音で聴きたい。という欲求が… ブルーレイに接続しているスピーカーシステムに接続できないものか。そう考えだしたのです。

そして、スピーカーシステムの空いている入力端子を確認して、改めて接続ケーブルを探し。テレビをスピーカーシステムを接続して再生テストをすると、もう、なんていい音なんだ。というしかないくらいに感動ものの音が。

Spotifyはスマホで手軽に再生できますが、環境を整えることによって、極上の音楽ライフを過ごすことができるアプリ。そう言っても過言ではないですね。再生する環境は、本当に重要です。

有料会員になる必要は?

スマホで、ひたすらシャッフル再生を繰り返している時。もう、これは限界だよね。そう考えて、有料会員になろうかと考えたことがあります。月額980円。980円を払えば、ダウンロードして思いのまま、聴きたい曲が聴ける。ダウンロード出来る曲数はとんでもない数で、普通の人間ならば そこまでしないだろうという曲数なんです。

980円が安いか高いか。それは、自分次第。わたしの場合、980円ならいいか。そう考えていました。でも、冷静に 冷静に考えた時。ツタヤでCDをレンタルしている時期はありましたが、毎月そんなに借りていただろうか。

そう考えた時、そんなに借りた記憶はありません。また、必要としないのではないかと。

気になるアーティストの新譜があれば、まずスマホでシャッフル再生してみる(無料)。さらに、もっと気になったら、Amazon Fire TV Stickで再生してみる(月15時間まで無料)。それで欲しくなったら、CDを購入する。

そんな流れでいいのではないかなと。

乱暴な言い方になりますが、シャッフル再生はシャッフル再生なんです。いいところがあれば、悪いところもある。いいところだけを使って、最大限に楽しませてもらう。それで、十分。

さいごに

この、最高のアプリSpotify。いつまで無料で楽しませてもらえるんでしょう。採算が合わなくなったら、簡単に条件を変更するのだと思います。それは、残念なことですが受け入れるしかない。永遠に無償で楽しませていただけたら、本当にうれしいですが。無償で楽しませていただける間は、Spotifyを思う存分楽しもう。そう思うのでした。

この3日間で、たくさんの音楽と出会いました。その中で、とっておきの1枚に感じたアルバム。デヴィッド・フォスターの「David Foster Recordings」。

彼のアルバムには、「クリスマス」「バレンタイン」といものがあり、シーズンになったら即聴きたいと思っています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ