初夏の頃 浜田省吾

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

まだ5月上旬だというのに、
「初夏」というキーワードがYahoo!リアルタイム検索に表示されていました。

「初夏」のYahoo!検索-リアルタイム

初夏

夏の初め。6月ごろ
「初夏」で思いだすのは、アルバム「初夏の頃」です。

初夏の頃~IN EARLY SUMMER~
1997/01/22 released

01.初夏の頃
02.街角の天使
03.雨の日のささやき
04.あの頃の僕
05.グッド・ナイト・エンジェル
06.恋に気づいて
07.4年目の秋
08.朝からごきげん
09.さよならにくちづけ
10.ミス・ロンリー・ハート
11.行かないで
12.夢にいざなえ

01.初夏の頃のオリジナルは、
AIDOのファーストアルバム「AIDO」に収録されています。
※1975年5月1日発売

初夏の頃 〜IN EARLY SUMMER〜 – Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%9D%E5%A4%8F%E3%81%AE%E9%A0%83_%E3%80%9CIN_EARLY_SUMMER%E3%80%9C

浜田省吾公式サイトのアルバム紹介には、
浜田省吾さん本人のコメントが掲載されています。

SHOGO HAMADA OFFICIAL WEB SITE|DISCOGRAPHY

http://shogo.r-s.co.jp/disco/album21.html

そして。
sonymusicのアルバム紹介ページには、
CD EXTRAとして収録されているコンテンツが画像とともに掲載されていました。

History of 70s
浜田省吾が「愛奴」としてデビューを果たした75年から、80年に発表したコンピレーションアルバム「SLOW DOWN」までのヒストリーを網羅
70年代にリリースされたすべての楽曲を、少しずつ聴くことができます
79年に収録された秘蔵映像を、ムービーにして収録

Shogo Hamada “In Early Summer”

http://www.sonymusic.co.jp/multimedia/hamada/index.html

時代は、1997年。
まだ、パソコンを持っていなかった頃です。

アルバム「初夏の頃」のジャケットを見るたび、
収録されているCD EXTRAのコンテンツが
見たくてしかたなかったです。

どうにかして見たい。
その思いは募るばかりで。

ある日、自分の所有物ではないパソコンでコンテンツを見た時、
79年に収録された浜田省吾さんの秘蔵映像を見た時、
めちゃくちゃうれしかった。
その時の気持ちを思いだしました。

History of 70s。
20年の時を経て、
Welcome back to The 70′sへ。

2018年秋から冬にかけて、ファンクラブ会員限定イベント「100% FAN FUN FAN 2018“Welcome back to The 70′s”」の開催が決定。70年代にリリースされた『生まれたところを遠く離れて』から『君が人生の時…』までの5枚のオリジナルアルバムと70年代に制作された楽曲で選曲構成したコンサート形式のイベント。
浜田省吾公式サイトより

ピエール マルコリーニのソフトクリーム食べてる場合ではありません。
一期一会。
一生に一度きり。

この貴重な機会は、まさしく一期一会。
あの頃の、19歳とか20歳とかの浜田省吾が作った初々しい曲。

その楽曲が40年以上経った2018年に、
60歳を過ぎている浜田省吾さんが
最高級のバンドの演奏で歌うという、
夢のようなひととき。

浜田省吾さんがデビューした時からファンという方でさえ、
コンサートで聴いたことがない曲が演奏されるかも!?

心の準備いいかい!?
この「100% FAN FUN FAN 2018“Welcome back to The 70′s”」
に参加するあなたへ。

いろんな楽しみ方がありそうです。
70年代の楽曲を知っておけば、あの曲が こんな風に?
となることでしょう。

70年代の楽曲を知らなければ、この曲のオリジナル聴きたいな
となることでしょう。

まさに、季節は初夏。
若々しく 瑞々しい新緑の季節に、
「100% FAN FUN FAN 2018“Welcome back to The 70′s”」
の発表があるなんて。
うれしい限りですよね。

スポンサードリンク


関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加