スポンサーリンク

TMGが荷物を持ち帰り 再配達されるまでにかかった時間

昨日出掛ける時の事でした。
玄関を出ると、佐川急便のような服装の男性が荷物を1つ持っていました。後方には、荷物がいっぱい積んである車が。箱を見ると、アマゾンかなと。

スポンサーリンク

ご不在連絡票が

定期便発送のお知らせが届いていたので、うちのかなとは思ったんですよね。今回は、鮮度が問題になる商品は含まれていないから、「ま、いっか」と気にせず外出しました。帰宅してから、宅配ボックスから取り出せばいいやと思っていたのです。

帰宅して確認すると、ご不在連絡票が入っていました。やっぱり、うちの荷物だったようです。
配達は、TMGの委託先であるギオンデリバリーサービスでした。

株式会社ギオン

まさかの持ち帰り

宅配ボックスから荷物を取り出そうかなと、ご不在連絡票を確認すると、まさかの持ち帰り。
宅配ボックスに空きがなかった為、持ち帰りました

ご不在連絡票1

オーマイガー。そういえば、以前にも何度かありました。宅配ボックスに空きがなかった為、荷物を持ち帰ったことが。その時は、TMGではなかったです。これは、完全に盲点。まさかの荷物お持ち帰りです。

再配達の依頼

仕方がないので、再配達の依頼をしなくちゃ。と、ご不在連絡票を見ました。
TMGは、再配達の依頼は以下の3つの方法がありました。
荷物問い合わせセンター (9時~21時) 0120-130-661
荷物問い合わせセンター 24時間 自動電話受付 050-5525-7445
webサイトから再配達依頼 http://track-s.tmg-group.jp/cts/top

ご不在連絡票2

電話がつながらない荷物問い合わせセンター

いつもなら、webサイトから再配達依頼をするところなのですが、一刻も早く再配達の依頼をしたかったので電話することにしました。電話をするのは、もちろんフリーダイヤルです。電話をすると、呼び出し音はしていますが なかなか出ません。20回くらい鳴らしても出ませんでした。

一回切ってから、再度かけ直しすると、自動メッセージの後、待たされたあげく「ただいま混雑しております。改めておかけ直しください」というメッセージの直後に電話が切られてしまった。。。

こ、これはヤバイかも!?と思いながら電話をしたわけですが、今度はお話中です。何度かけてもお話中。電話がまったくつながりません。仕方ないから、ドライバーへ電話しようとも思ったのですが、冷静に 冷静に。

オンフックで、粘り強くつながるまで待つことにしました。何度かトライして、ようやくつながりました。そして、再配達を依頼することになったわけですが。。。

ご希望の再配達時間帯と受付時間

ご希望の再配達時間帯と、受付時間を よーくご覧下さい。
ご不在連絡票3

入力番号1.ご希望の配達時間帯 09時-12時
入力番号2.ご希望の配達時間帯 12時-14時
入力番号3.ご希望の配達時間帯 15時-16時
入力番号4.ご希望の配達時間帯 16時-18時
入力番号5.ご希望の配達時間帯 18時-20時
入力番号6.ご希望の配達時間帯 20時-21時
入力番号7.ご希望の配達時間帯 時間指定なし

入力番号1.ご希望の配達時間帯 09時-12時から入力番号4.ご希望の配達時間帯 16時-18時までの受付時間は、配達ご希望日の午前9時までとなっているわけです。不在で再配達を依頼する場合、当日なら自動的に18時以降しか選択肢がありません。

あー。これが、TMG。そう思わざるを得ない。まったく想定していなかったです、こんなことは。でも。伝えることは伝えようと。「再配達のご希望時間帯はどうされますか」と聞かれたので、「できるだけ早い時間でお願いします」と伝えました。

そう伝えてインターネットで確認すると、ご希望の配達時間帯 時間指定なしになっていました。。。やってしまったかも。今日、荷物は届くのだろうか。ドライバーの携帯にワン切りして連絡を待とうかとも思いましたが、大人の対応をしなければ。。。最悪は、明日以降でもいいや。そんな気分で待つことにしました。

荷物が届いた

そして。
再配達の荷物が届いたのは、なんと15時過ぎでした。超早くて、めちゃくちゃ助かりました。これは、運がよかったとしかいいようがありません。

再配達してくれたドライバーさんにお礼を言い、今後のことを考えて質問してみました。
「「ご希望の配達時間帯 18時-20時」にしていたら、配達は18時以降だったんですよね?」
「そうですね。今回は、できるだけ早くお届けするようということだったので、お届けしました」
という回答が。

まとめてみると、再配達となった場合には、面倒でも電話をした方が早く届くかも知れません。ただし、これは今回だけで、次回がどうなるかはわかりませんが。やってみる価値はあるのではないかと思います。

スポンサーリンク

関連コンテンツ