歌うたいに愛に行く 今宵渋谷で5時

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

先日、斉藤和義公式サイトより
2008年にリリースされた15周年記念オールタイム・シングルズ・ベストアルバム『歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007』とオールタイムBサイドコレクション『Collection “B” 1993~2007』が2018年5月30日(水)よりアルバム配信決定の発表がありました。

15周年記念オールタイム・シングルズ・ベストアルバム『歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007』はデビュー曲「僕の見たビートルズはTVの中」他、ファンハウス時代のシングル音源(全18曲)と2000年~2007年までにビクタースピードスターレコーズでリリースされたシングル音源(16曲)、およびコラボレーションシングル、そしてインディーズでリリースされた貴重な音源(全3曲)を一挙収録した作品で、この度、iTunes Store、レコチョク、moraでのアルバム配信が決定いたしました。また、Apple Music、dヒッツ他ではサブスクリプション配信もスタートいたします。

オールタイムBサイドコレクション『Collection “B” 1993~2007』は、1993年のデビューから2007年までにリリースされた全シングルのカップリング曲を網羅したアルバムで、2008年にリリースされた作品がすでに店頭から在庫がなくなっている状況で、再生産の声も多くいただいており、この度、ジャケット写真をマイナーチェンジし、デジパック盤としてビクタースピードスターレコーズより再リリースされることが決定いたしました。

この発表を知って、時代を読んでるなぁと。
CDよりも配信することによって、
より気軽に より簡単に より若い人達に聴いてもらえる。
そんな意図が感じられます。

わたし自身、
・歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007
・Collection “B” 1993~2007
どちらも持っていますが、たまに聴く程度です。

たまにという頻度ですが、1年に1回聴くかどうか。
そんな感じです。

無性にその曲が聴きたくなった時、
コンサートのセットリストで見つけた時、
どんな曲だったけと。

これはこれで もちろんありだと思うし、
こういった楽しみ方をしている方もいらっしゃるのでは?

ベストアルバムとは、いったい何なのか。
今までに出した曲の中から、代表的なものを集めたものがベストアルバム。
という感じのようです。

斉藤和義さんは、2008年に発売された
・歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007
・Collection “B” 1993~2007
以降ベストアルバムは発売していません。

かと言って、オリジナルアルバムを発売していないわけではなく、
3月に発売された「Toys Blood Music」は7枚目なんですよね。

ベストアルバムは発売しないけれど、ライブアルバムを7枚発売。
その時歌いたい曲、聴いてもらいたい曲が ずらっと並び、
その時代のアレンジと音で表現されています。

このスタンス。
大好きだし、これからも続けて欲しいです。

あえて、リアレンジ、新録する必要なんてない。
コンサートで表現されたものが すべて。
素敵。それが、斉藤和義さんの魅力のひとつ。

そんな斉藤和義さんに、今宵愛に行く。
間違いなく、すばらしいステージになるはずです。

スポンサードリンク


関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加