スポンサーリンク

拝啓 石田ゆり子さま 帰るところがありますか?

スポンサーリンク

ふるさとは遠きにありて思ふもの

ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの

そんなフレーズが、ふと頭の中に浮かびました。

高校の時、教科書に掲載されていた室生犀星の「小景異情」その二。
それを、暗記して読みなさいと先生に言われて。
そんな懐かしい思い出があります。

なぜ、ふるさとは遠きにありて思ふもの。
なんて思ったのか。それは、久しく実家に戻っていなくて、お母さんは元気かなと。
「便りのないのは良い便り」と勝手に解釈しています。

石田ゆり子さんがSNS疲れ

さて。
今日も、石田ゆり子さんのSNS疲れが記事になっていました。

石田ゆり子もインスタ休止宣言 芸能人に広がるSNS疲れの波(女性自身) – Yahoo!ニュース

このSNS疲れですが、単純に
・異常な暑さ
・仕事の忙しさ
が、大きく影響しているんだと思っています。

石田ゆり子さんは、大の猫好き。
家に帰れば、愛猫が出迎えてくれる。
そして、どんなに疲れている時も 石田ゆり子さんを癒してくれる存在のはず。

その愛猫の写真を撮るのは苦痛ではないし、記録にもなる。
それをインスタグラムにUPするわけですから、まったく問題ない。
のですよね、たぶん。

石田ゆり子さんは天然?

石田ゆり子さんは、天然なんですよ?
なんてたって、「天然日和」という本を出されているくらいですから。
違うか。。。

良いも悪いも、ストレートなんです、たぶん。
疲れたら「疲れた」
風邪をひいたら「風邪気味です」
と、そのままを書いてしまう。

そこが魅力なんですが、その何気ない一言に いちいちコメントする方々。
そこが、ね。カチンときてるというか。

カチンとしても、スルーしていればいいのに 相手にしてしまって。
あとで自己嫌悪に陥る。
そんなパターンですよね、きっと。

そして、疲れてしまった。。。

石田ゆり子さんに言いたい

そして。
石田ゆり子さんは、頑固だから、こうと決めたら早いのです。
そこは、かわいくないとこw

そんなことやっても、疲れは取れません。
もしかすると、ネット自体やってないかも知れないし。
もちろん、ネガティブチェックなんかしやしない。
わたしの書いた、心のこもったメッセージも届かない。
そんな状況かもですが。

思いだしてもらいたいです。
ふるさとを。

ゆり子さんのふるさとはどこですか。
実生活ではなくて、心のふるさと。

それは、ゆり子さんを愛してくれる、思ってくれる、いつも応援してくれる人達。
そうではありませんか。

精神的にお疲れの今は、少し休んで。
ちょっと落ち着いたら考えてみてください。

自分のふるさとを。
そこは、冷ややかではありません。
あったかく あったかく温めてくれる場所なんです。

いつでも。
今すぐにでも。

心ないことを書く方々はスルーする。
それが出来る時が来たら、戻ってきてください。

きっと、大切なものが、かけがえのないものが見つかると思います。

かしこ

スポンサーリンク

関連コンテンツ